巻き毛の部屋

amma017.exblog.jp ブログトップ

PRO-VISION New Edition Lesson1

 オーストラリアで育った私はペンフレンドが欲しかった。私は13歳で、ちょうど中学生になったばかりだったので話し相手が欲しかった。なので私は外国の私と同い年の全てのペンフレンドのサイトをインターネットで見た。
 私は神経質ではなかった。私はスウェーデン、イタリア、アメリカ、フィンランド、そしてエジプトの人に私の故郷、家族、趣味などについて書いて送った。たった一人、エジプトの女の子が返事をくれた。
 eメールの受信箱を開きその返事を見たときには、控えめに言っても興奮した。私は宗教や文化についての知識を渇望していたが、私が本当に欲しかったものは2人の人間の間をくっつけるもの、友情と呼ばれるものだった。
 彼女の名前はローラン・フセイン。彼女はカイロの中心部にあるアパートに住んでいて、両親は医者だった。彼女は私のペンフレンドになってくれると書いていたが、一つの質問があった:私は男性か女性かということだった。彼女の母親は彼女に女性にのみ書くことを認めていた。

 私たちはお互いの日常生活を教え合った。文通を始めてから私は彼女と似ている性質を持っていることに気づいたー頑固でふさぎ込むところだ。次第に私たちは世界に関する問題などについて話し合った。
 私は彼女に彼女の宗教であるイスラム教や習ったばかりのラマダーン、その他の祭り、そして習慣について尋ねた。ついに私たちは郵送による手紙、写真、小さなプレゼントなどを送りあうようになった。それは本当に驚くべきことだーPCによって非常に多数の人の中から親友を見つけたのだ。

 年が経つにつれて、私たちは相談しあい、お互いに秘密を共有した。私たちはたくさんのこと、学校生活からハリー・ポッターのことまで話し合った。
 私たちのやりとりはいつも情熱的だったが、私たちが相手の考えを曲げさせようとしたことはなかった。私たちの友情は信頼と尊敬の基で成り立っているーその礎は良い関係に頼っているはずである。
 ある日、私たち家族の友人のバーバラとアランが、彼らのたくさんの旅行のなかのカイロへの旅行中に、ノーランのところへ訪れることを計画していた。彼らはすぐにフセイン家に連絡した。年が経つと、彼らはノーランと私のプレゼント交換の手伝いをしてくれて、郵税を節約することができた。

 ノーランの文化への興味が増すにつれて、私は進路を意識し始めた。私は将来就く職業の選択を深く考えていて、いつか国連に加わるということを考えていた。私は違った文化や宗教を持った人たちと働き、カイロのように遠く離れた土地を訪れたかった。
 私は稀な機会を与えられたことに気付いたーそのことに気が付かないうちにノーランが私を教育してくれていたのだ。かつて私は無知だった、そして違った意見を扱い方を知らなかった、しかしノーランがいたおかげで他の人のあるがままに受け入れられるよう成長したのだ。

 2001年9月11日がきた。私はどういうわけかノーランが心を動かされていたのを知っていた。私は彼女にメールし、事態に関する意見や、どの様にカイロが対処しているかを聞いた。
 私は彼女の返事をまだ覚えている、彼女のアメリカの他たくさんのペンフレンドがいなくなったということだった。彼らは彼女に興味がなくなったのだった。何故なのだろう。彼女はイスラム教徒で、中東に住んでいて、彼女の姓は''フセイン''だ。
 私は起こった。私は彼女を守りたかった。私は人々の心の小ささを信じられなかった。
 何故ノーランが15歳の少女だということを理解できないのだろうか。私は彼女に何と言っていいのかわかんなかったが、一度も書くのを止めたことはなかった。一度も。
 人は私によく私がノーランに質問することによって傷つけられる問う。それは 無い。

 私にとって質問をすることは理解への第一歩だ。聞くことを恐れてしまうと、無視や人種差別に繋がってしまう。
 実は私はノーランが羨ましい。彼女のイスラム教やエジプトへの信仰は強い。多分このことが世界の紛争の理由の一部だー私たちはお互いを羨ましく思いすぎて、私たちに違いがあることに感心することがおkだということを忘れてしまうのだ。あるいは単に誤解から産まれるのかもしれない。
 ノーランと私は違う。もちろん、私たちは対立する意見を持っているが、私たちは相手が間違っているとは決して言わない。私は教科書から学ぼうと望んだものよりもずっと多くのものをノーランから学んだ。
 私はいつか、カイロにあるノーランの家の玄関に行って、最初に彼女を抱き締めたい。また、彼女をオーストラリアの景色を彼女に見せたい。
 しかし本当にやりたいことは、人々に今まで私が経験したものを経験して欲しいー違うことがおkだということ、他人を恐れないということ、他人を理解すること。


こんな感じ?


☆one another お互い(3人以上)
  each other お互い(2人)

☆dream of ~ing
  = dream to することを夢見る

☆dream for … to ~ …が~することを夢見る
[PR]
by msnb_sonata_queen | 2008-05-09 23:29 | life

都内の大学に通うバイト充☆によるブログ(不定期更新)


by msnb_sonata_queen
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30